お役立ち記事

こんにちは!
理論と情熱のロジカルデザイナーの「いとうさち」です。

▶筆者いとうさち(@sachi164cm222
    教室業専門のフリーランスデザイナー。大学生の頃から趣味でホームぺージづくり。金融機関でシステムエンジニア15年。30億円規模のビッグプロジェクトにて、チームのリーダーに抜擢される。約5000社の企業が使ったアプリが日経新聞にも掲載。99%が情熱で出来ているアラフォー。家族にはサザエさんと呼ばれている。

こちらの記事では、「WordPressを使ってホームページを作っている中で、女性がつまづきやすいポイントとその解決方法5つ」をご紹介したいと思います。

ご自分でWordPressを使ったホームページを作っている女性起業家、フリーランスの方は、是非、ご一読くださいね。

ワードプレステーマの解説書を読むのが面倒

最初に、ワードプレスとはどういうものなのか、簡単にお話しますね。

ワードプレスでホームページを作る時には、『ワードプレス』という仕組みの上に、『テーマ』という着せ替え機能のようなものを着せて、作っていきます。

このテーマには、有料のものと無料のものがあるのですが、どちらであっても、テーマの使い方を解説したものがあります。いわゆる解説書ですね。Web上に解説書がある場合がほとんどです。

ですが・・・パソコンの初心者さんが、これを読み解いて、実際に実践していくのって、かなり難しいのです・・・

なぜ、難しいかというと、その理由は2つあると思っています。

ひとつは、ワードプレスというものの仕組みを分かっていないと、解説書の「意味」を理解できないから。「意味」を理解できないと、操作ってなかなか覚えられないですよね。

そして、もうひとつは、ワードプレスの一般的な説明なのか、そのテーマ固有の説明なのかが、読んでいるうちに、よく分からなくなってくるんです。解説書によっては、「ワードプレス」の一般的な説明は端折って、「テーマ固有」の説明だけをしているものもあります。

これらのことが、初心者のハードルをぐっと上げてしまう原因です。

更に、女性特有の・・・「字が嫌い!説明書嫌い!直感でなんとかしたい!」という性質も上乗せされて(笑)きちんと、解説書読みたくない~~となる訳なのですね。

あなたは方法を知らないだけ!伝えると皆さん、喜んでくださる

最初はとっつきにくいワードプレスですが、慣れると、だんだん操作が分かってきて、便利に感じてくるはずです。私の周りにも、多くの方が、ご自身でワードプレスを学び、ご自身で更新作業をなさっていますが、皆さま、自力で頑張って使ってらっしゃいます。

そして、慣れてくる頃には、こんな想いが沸いてくるのです。

・もっと、ここがこうなればいいのに・・・
・こんな風に素敵にしたいな!

ですが、ここで問題が!

やりたいことがあった場合に、googleで調べるのって、けっこう難しいんですよね。用語に馴染みがないので、どういった検索ワードで調べればよいのかが分からないんです。

私も経験あります。デザインの勉強をし始めたばかりの頃、業界のことも、ツールのことも全く分からない中でした。そんな時に、「やりたいこと」があっても、うまく言葉にすることが出来ず、検索をする手が止まりまくりでした。

なので、今回、こちらの記事では、私が過去に質問いただいたワードプレス関連のものを抜粋。かゆいところに手が届く!それそれ!それが知りたかったの~と思っていただける内容を5つ、お伝えしようと思います!

WordPressで女性がつまづくこと3選!

『1.Webサイトにアップした画像がくっきりしない』

ワードプレスでは様々な場所で画像データを使います。トップ画面のメインビジュアル、サイトに表示するバナー、ブログ一覧にてアイキャッチ画像・・・そのときに、

「なんだか画像がぼやっとするなあ」

と感じることはありませんか?

これを解決するには2つの方法があります。

『表示したいサイズの倍の大きさで画像を作成する』

たとえば、下記の蝶の絵をご覧ください。左側の300×250と書いた画像の方が、なんとなくボヤっとして見えませんか?もし、分からない方は、ブラウザを拡大してみてみてください。

本来ここに表示したい画像サイズは、横300pix 縦250pixのものだとします。それをそのまま300pix×250pixで画像を作ると、ワードプレスにアップしたときにボヤけることがあります。

その場合は、右側のように600pix×500pixで画像を作ってみましょう。そして、表示するときに300pix×250pixになるように調整します。そうすることで、画像がくっきり見えるようになります。

『画像ファイルをjpgではなくpngで作ってみる』

画像には、いくつかの種類があり、その代表格が「jpg」と[png」です。画質が良くて、容量が軽いので、Webサイトでは、この2種類のファイルが比較的多く使われています。そして、画像にもよるのですが、同じ画像であっても、jpgファイルとpngファイルでは、pngファイルの方が綺麗に見える場合があります。

専門的なお話をすると、それぞれのファイルの特徴はあるのですが、このブログを見ていらっしゃる方は、そこまでの専門知識を求めている方ではないと思っています。

おすすめは、容量も軽くて、綺麗に見えるjpgが基本だということは覚えておいてください。ですが、jpgだとなんとなくくっきりしない場合には、pngで表示すると、くっきり綺麗に見える場合があります。

画質にこだわるような写真を掲載する場合には、自分の目で見て、綺麗に見える方を採用するということにしてみるとよいですね。

『2.アイキャッチ画像のサイズ調整がうまくいかない』

アイキャッチ画像とは、ワードプレスのブログや固定記事のトップに表示される画像のことです。この画像は、サイト内のブログ一覧や、おすすめ記事など、様々な場所に使われます。

まさに、「アイ(目)」を「キャッチ(つかむ)」する画像のことです。

ここに設定する画像のサイズは、横長の画像であれば、概ね綺麗に表示することができますが、たまに、
・縦長の画像を設定してしまったり、
・背景ボケの写真のボケの部分が目立つように設定してしまって、
全く、アイをキャッチできていないことがあります。

お使いのワードプレステーマによって、推奨するサイズが異なります。推奨サイズで設定することが、一番綺麗に表示できるポイントですので、是非、お使いのワードプレステーマの解説書を確認してくださいね。

テーマ解説書を読むのが億劫だわ・・・という方に向けて、デモサイトで画像を確認するという方法を、動画でお伝えしています。是非、参考になさってください。

『3.youtubeの埋め込みが綺麗にできない』

youtube がブログに綺麗に埋め込まれないことってありませんか?

このブログでも、何もせずにyoutubeをセットすると、スマホから見ると、下の絵のように、youtubeのフレームがびよーんと長くなってしまい、他のテキストが追いやられてしまうように、表示が崩れてしまうんです。

これは、「CSS」と「html」を少し触ることで、解消できます。

パソコン操作が苦手な場合には、少しハードルが高いかもしれないのですが、添付したyoutube のとおりに操作することで、見栄えがぐっと解消されます。

是非、チャレンジしてみてくださいね。

パソコン苦手さんに寄り添う、ホームページづくりのヒント満載

上記以外にも、ホームページづくりにおけるヒントは、様々あります。ホームページって本当に奥深いのです。

今後も、あなたのホームページ制作や、デザインのヒントになるような情報を、LINEでも配信しています。パソコンが苦手・・・でもこれからお仕事をますます頑張っていきたい女性に向けたコンテンツですので、

・用語が分からない!
・難しくて、ついていけない!

なんてことはありません。パソコンが苦手だけれど、これから頑張っていきたい女性の方は、是非、登録しておいてください。

まとめ:WordPressを使ってホームページを作っている中で、女性がつまづきやすいポイントとその解決方法3つ

最後にもう一度、まとめます。

WordPressを使ってホームページを作っている中で、女性がつまづきやすいポイントとその解決方法3つは以下のとおりです。

『1.Webサイトにアップした画像がくっきりしない』場合は、画像を縦横2倍のサイズで作ってみる、あるいは、ファイルの種類を変更してみる。

『2.アイキャッチ画像のサイズ調整がうまくいかない』場合は、まずは正しいファイルサイズを調べて、そのサイズで作ってみる。

『3.youtubeの埋め込みが綺麗にできない』場合は、カスタムCSSとhtmlを修正する

綺麗で見やすいサイト作りを応援しています!それでは!

  1. この記事へのコメントはありません。