お役立ち記事

こんにちは!
運命を変えるブランディングデザイナーの「いとうさち」です。

▶筆者いとうさち
    教室業専門のフリーランスデザイナー。大学生の頃から趣味でホームぺージづくり。金融機関でシステムエンジニア15年。スキルが低くても、愛嬌だけでビッグプロジェクトのリーダーに抜擢される。99%が情熱で出来ているアラフォー。家族にはサザエさんと呼ばれている。

こちらの記事では、

「ワードプレス3カ月講座、気になってはいたけど実際のところどうなの?」

という自営業女性のために、レッスンの進行の様子や、いただいた感想を紹介させていただこうと思います。

初日の私の感想を率直に。

正直に申し上げると、こんなにも楽しい講座になるとは、講師の私自身も想像していませんでした(笑)

まず、集まってくださった生徒さんが、皆さん本当に前向きでガッツのある方ばかり。そして、優しい・・・最高のメンバーに恵まれまして、ここから3カ月間を一緒に過ごせることを本当に幸せに思っています。

私は、ここでは講師という立場ですけれど、集まってくださった皆さんはそれぞれの専門家であられて、みなさんが「先生」と呼ばれるスペシャリストたち。お一人お一人の話を伺う中で、飛び出すお話が個性豊かで面白くて!

私も一緒に「なるほど~~」と唸る連続でした。

私は、一方的にしゃべるだけの講座スタイルがあまり好きではありません。せっかくの出会いなので、しっかりコミュニケーションしたいし、出来れば、その方が必要としている情報を届けたいと思っています。なので、必然的に「ワーク」と「シェア」の時間が長くなる訳ですが、きっと皆さん、その時間も楽しんでくださったんじゃないかな!と思っています。

私の決意

この3カ月、私は、この講座に全力集中することを決めています。そして、生徒さんたちを超ご贔屓にすることも決めています!

贔屓の例を紹介させていただくと
・デザイン添削、相談は3カ月間し放題!
・WEBサポートは一生のお付き合い。ホームページに何か問題あったときにはいつでもサポートさせていただく所存。
・期間中に開催するセミナーには、無料でご招待

などなど・・・とにかく、この3カ月を濃い、実り多い3カ月にしていただきたいという想いがいっぱいです。

受講してくださった皆様、どうぞよろしくお願いします!そして、次は受講したいなーと思ってくださっている方は、是非、この温度感が伝わればいいな~と思っています。

最初のワーク:カスタマーズジャーニーマップを作ろう

数年前からデザインで重要視されている考え方で、「UXデザイン」というものがあります。

UXデザインとは、「ホームページというのは、ユーザーが体験する一連のプロセスの一部に過ぎない」という考え方。ホームページを作っていると、どうしてもホームページありきで物事を考えてしまうのですが、現実世界というのは、そんなことはありません。お客様は、色んな媒体、人、から情報を得て、それで行動しています。その一連をデザインに生かそう!というのがUXデザインです。

UXデザインはグーグル先生も大切にしている考え方なので、SEOにも大きく影響してくるはずです。

そして、その中で、ホームページに出会う前からサービス利用後まで、お客様の「旅」を追っていく手法がカスタマーズジャーニーマップです。時系列に沿って、お客様の行動や感情を整理していきます。

講座の中では、作りやすいように簡易化したマップを皆さんで作っていきました。すると、それぞれに気付きが!

・お客様のことをよく知っていると思っていたのに、知らないことがある!
・商品に興味を持ったきっかけって、実は知らないかも!
・お客様を絞り切れていない!
・具体的な状況を思い描けない!

あーだこーだ言いながら、楽しくマップを完成させていきました。

このマップを元に、お客様にヒアリングすると【真の泥臭いお客様の本音】が聞けるはずで、それこそが、ホームページにコンテンツとして書いておくべきことなんですよね。

皆さん、すごく面白がってくださり、納得感もあった様子。このワークは、取り入れてよかったなーと思うワークでした!

実は、エンジニア時代にも、こういうことはよくやっていました。システムというのは、ユーザーさんが目的を達成するために使う「一部分」であって、システムありきで考えないという設計。

なので、この辺りのワークは、私も馴染みがあり、とても楽しいワークなので、是非伝えたかったんですよね。

楽しんでもらえ、気付きもあり、よい時間になりました!

次のワーク:コンテンツを考える

ホームページに必要な11のコンテンツを解説し、順番に考えていきました。

おそらく、カスタマーズジャーニーマップを作った後だったので、ワークがやり易かったんじゃないかなと思います。

考えていくうちに
・私は、こういう人を集客したい訳じゃなかった!
・どんな言葉を使うべきなの?女性に年齢って言う方がいいの?
・私たちって、自分の内側と向き合ったり、何か感じたり出来るよね!

とか、なんとか色々、話が弾んで、こちらも苦労しながらも軽快にワークしていただきました。

ライバルを傷つけないような表現ってどんな表現だろうね?なんて会話もあったりして、ホームページ作りに大切な視野の広さを実感したワークでした。良かった!

最後に、いただいた感想をご紹介

「発信が嫌だったんですが・・・なぜ嫌だと思っていたのか、分かりました!やみくもに、良く分からずSNSをするのが嫌だったんです。でも、今日、自分なりに繋がりました。そして、全ての行動はお客様に繋がっていることが理解できました。

「自分の中でバラバラだったものの、道が出来上がりました。」

「さちさんの講座は、ガイドライン、ひな形をもらえるので、これからどうしていくかが見えて、ありがたい」

「色んなジャンルの人が集まっているので、皆さんのお話が参考になり、面白かった。道筋が見えて、足りないものも見えた」

「ワークの中では個々人にそれぞれにアドバイスしていて、さちさんはどうやって頭を切り替えてるの?!」

ありがたい感想ばかりですね。

最後の感想については、言われてみれば確かに!なんですが、思ってもみなかった内容でしたね(笑)

色トリドリの職業の方のデザイン提案や、言葉の提案を瞬時に。なぜ出来るか考えてみたのですが、おそらく、毎日デザインのことを考えているからだと思います。

電車に乗ったら広告を見て、デザイン戦略を読み取る。
本を手に取ったら、表紙を見て、キャッチコピー戦略を読み取る。
そんなことばっかりしているので、なんとなく、話を伺うと頭にデザイン案が「ビジュアル」として浮かんでくるんですよね。そのビジュアルを頼りにアドバイスさせてもらってる感じです!

私が一番楽しんでいたと思います!第二回は、ホームページデザインの考え方、どこにどういったコンテンツを配置していくか、ここも戦略的に作っていきます。

ブログも更新しようと思いますので、どうぞお楽しみに♡

デザイン、気軽に学んでみたい方へ

デザインの考え方を気軽に学べる無料コミュニティを運営しています。楽しいイベント、ライブ配信もあり、個々に楽しんでもらえる場所です。参加希望の方はお気軽に入会してくさださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。