お役立ち記事

こんにちは!
運命を変えるブランディングデザイナーの「いとうさち」です。

▶筆者いとうさち
    教室業専門のフリーランスデザイナー。大学生の頃から趣味でホームぺージづくり。金融機関でシステムエンジニア15年。スキルが低くても、愛嬌だけでビッグプロジェクトのリーダーに抜擢される。99%が情熱で出来ているアラフォー。家族にはサザエさんと呼ばれている。

こちらの記事では、

「プロフィール、大事だって聞くけど、自分のことアピールするのって難しいな・・・」

という“大和なでしこ”のような女性起業家に向けて、プロフィールを作成していく様子を、「添削」を通してお見せしたいと思います。

先日、プロフィール添削会を行いましたので、そちらの様子をチラ見せしつつ、お伝えしていきますね。

プロフィール添削会を行ったきっかけ

先日、私が運営する、「イトサチ・デザイン・学びラボ(無料)」の中で、今、学びたいことのアンケートを取りました。

①チラシの作り方基礎
②メインビジュアルのデザインを一緒に作ろう
③お客様が集まるプロフィールの作り方

すると、プロフィールの作り方を学びたいという方がとても多い!

ということで、ご希望に沿う形で、プロフィールを作成する方法について、ライブセミナーしたんです。

このライブセミナーはとても好評で、年末の忙しい時期にもかかわらず、たくさんの方に見ていただけたので、皆さんの学びたい意思が伝わってきました!

もし、このライブセミナー録画を見たい!と言う方は、イトサチデザイン学びラボへご入会のうえ、メッセージくださいね。


文章もデザインも何でも同じですが、「理論」を知ることはとても大事なことだと思っています。私自身も、デザインが出来るようになったのは、「理論」のおかげです。

ですが、何よりも重要なのは、理論を知って「実践」することなんです。

実践なしには、何でも上達しません!これはもう絶対なので、出来ればライブを聞くだけではなく、なんとか実践していただきたい・・・

その思いから、今回、無料で「添削」をプレゼントすることにしたのです。それが、先日、行いました「プロフィール添削会」です。

私の添削は「手取り足取り」方式

私は、どんなものを添削をするときも「具体的にどこをどう修正する」ということを、分かり易くかみ砕いて説明することにしています。

「手取り足取り方式」です。

講師をなさっている方の中には、最初から「考える」ということを大事にし、わりとスパルタに教えておられる方もいらっしゃりいますよね!もちろん、すごく大事なことです。

ですが・・・最初は誰だって、初心者なのです。

「自分で考える」「調べる」が大事だということはその通りなのですが、それを強要しすぎて、「結局、一体何をどう修正すればいいのか分からない」ということをよく聞くんです。

それだと、なかなか行動や実践に移せません。

ダメな点は指導してもらえるけれど、じゃあ具体的にどこから手をつけて修正していけば良いのか、分からないという方も多いんじゃないかな?と思います。

だから、私は、手取り足取り方式を採用しているんですね!

私は「教える」という行動の中には「伝える」+「実践してもらう」が含まれていると思っています。だから、実践してもらえるように伝える工夫をしています。なんなら、ほぼ答えを伝えるときもあります。

これが出来るのは、会社員時代、「新人育成」を何年もやっていたからです。長年の経験から、全然分からない人に何を伝えれば実践してもらえるのかを、理解出来ているからなのです。

最初は手取り足取り、そして、だんだんと「答え」を隠しながら伝えていきつつ、「成長」してもらえれば良いと思っているので、私の添削は、すごーく細かいのですよ(笑)

エピソードを引き出すための質問

プロフィール添削においては、私からの「質問」も大事です。

というのも、みなさん、自分のことは、自分では「当たり前」だと思っています。なので、何かしらの質問をしてもらわないと、そのエピソードが記憶から出てこないことがよくあるからです。

提出してもらったプロフィールを「1つの主題軸」で見た時に、そこに肉付けしていきたいエピソードがあれば、深堀るための質問をしていきます。

逆に、不要なエピソードが遠慮なく不要!と伝えちゃいます。

ここでの「不要」とは、「1つの主題を軸」にして見た場合に、物語と直接関係がないから、不要ということです。他のプロフィールには使える場合もあるので、「あくまで、今回のプロフィールでは要らないですね」ということ。

ここは誤解しないでくださいね!

質問をしながら、エピソードを抽出していき、最後にそれらのエピソードを、もう一度組み立てなおしてもらいます。

こうやって、何度も何度も質問を重ねることで、プロフィールのエピソード出しに慣れていただけたらいいなーと思います。

添削会の様子と添削内容をチラ見せ

では、実際の添削の様子を、動画でチラ見せしちゃいます。

そして、この添削会のあと、再提出していただいたプロフィールにも、遠慮なく指摘をたくさんさせていただきました(笑)

例えば・・・

・物語には、必ず伏線があるはずですが、そこが表現されていなくて、物語の終盤に突然、登場人物が出てくることへの違和感

・漢字ではなくひらがなを使う方が良い言葉を修正。教室の先生は、どうしても専門家なので、漢字を見慣れているが、一般の方はすんなり読めない言葉などあるのです。

などなど、アドバイスしていきます。

最後に、いただいたご感想をご紹介

とにかく、「実践」と「添削」を繰り返すことで上手になっていただきたい、そんな思いを、少し感じていただけましたでしょうか??

最後に、嬉しい感想をいただいたので、こちらで紹介し、終わりにしようと思います。

添削を受けてみたい方へ

イトサチデザインラボでは、添削のサービスは2つ用意しています。

1.デザインレッスンを受講した方限定、1カ月1つのデザイン添削を受け放題

<下記の講座受講が前提です>

https://resast.jp/stores/article/27631/32939

<添削の購入はこちらから>

https://resast.jp/stores/article/27631/33418

2.ZOOMによる1時間のセッション

1時間の中で、プロフィール添削、アドバイス、デザイン添削をさせていただきます。

https://resast.jp/stores/article/27631/34118

ご質問があれば、お気軽にLINEまでどうぞ!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。